『L型開閉モバイル L-mo』の機能・特徴

①写真や動画は一度に全部撮り

12個のカメラ

湾曲した形状でL型に開閉し、4面各面とコーナーにもカメラがあったとしたら。
これに各面と各コーナーに12個のカメラで、『狙った1コマ』だけはもちろん、周りの空間や風景も一度に全部撮れたなら新しい発見もあるかも知れませんね。
今までにないそれぞれの使い方、楽しみ方を可能にしてくれる『L-mo(エルモ)』を提案してみました。
常識から勘違いされがちですが、写真やビデオそれに360度カメラであったとしても、すべての常識が1画面になる1コマなんです。
このL-moは12個のカメラでそれぞれの場面を一度に全部撮るという企画です。
前・後・横・上・下それぞれを全部撮るという考え方ですよ。
これって防犯カメラにもなりますし、何よりも…対象物を撮ってるのに、その撮ってる自分も一緒に撮れてるなんて、不思議な発見になるかも知れませんね。

すべてを写し出す12個のカメラ

②湾曲型のL-Moで可能になる未知の触り心地

湾曲形状

曲線で出来ている体にフイットする湾曲形状だけではありません。
【L-mo(エルモ)】は湾曲型にした持ちやすさと安定感のあるこのカタチ。
ただ湾曲にしただけではなく、指に軽く引っかかる形のため、滑りにくく斜面でも置くことが可能です。

触り心地のいい湾曲形状

③これが防犯機能にもなるんです。

これが防犯機能にもなるんです。

L-mo(エルモ)の本来の目的は、防犯機能なんです。
位置情報や通話ができても、細かい状況は伝わりません。L-moはすべての映像も同時に通報できればと考えます。自身の緊急な時、とっさの事故や災難を、すべてのカメラで通報または転送できるなら、的確な対応も素早くできるはずです。

これが防犯機能にもなるんです。

④スマホと呼べないL型開閉モバイルL-mo(エルモ)

スマホにもガラケーのような強さがある機種もありますが、一画面で高性能では扱いにくいのでは?
でもL-moのデスプレイは2面でも3面でも自由なんですよ。 デスプレイのない部分は、ステレオスピーカーやカメラのシャッターやスイッチをアナログのように配置も可能な、基準無しの別物モバイルとして観て頂けたらと思います。

スマホやケータイに代わるものはスマホだけという選択肢。ショップに並んでるのは、どれもみんな同じですよね。
1画面に機能を詰めるだけ詰めて扱いにくくなっています。
この高齢化社会で、どれだけ使いこなせる人いるでしょうか。
必要な機能を分割し、普段使うケータイ機能を優先にアナログ的な扱いやすさがあってもいいのではないでしょうか。
そんな、ケータイでもスマホでもない第4のモバイルとしての存在になれればと提案させていただきました。

スマホと呼べないL型開閉モバイルL-mo(エルモ)
スマホと呼べないL型開閉モバイルL-mo(エルモ)

MIXSATO himemura

当ページをご覧いただきありがとうございます。
  『カメラ×12mobile』L-moは将来的にこんな形のスマホがあってもいいのではないかと提案させていただきました。
スマホを作っている各メーカー様には、ここまで高性能で人々からの支持と必要性があることを決して否定するものではありません。
もし、スマホが自由な形に変化できる余裕があるならと、こんな形を提案させていただきました。当然私ごときにこの実機を作ることはできません。
これからの発展に対して、少しでもお役に立てればと思います。
何かとご要望などございましたらお気軽にお問い合わせくださればと思います。

実用新案権者概要

屋号 MIXSATO himemura
代表 姫村観里(Himemura Misato)
電話番号 070-2233-3310
※日中のお電話は繋がりにくい状況ですので、お手数ですがなるべくお問い合わせフォームよりご連絡いただきます様お願いいたします。
登録番号 3214574号
実用
実用
実用

TOPへ戻る

お問い合わせ

TEL:070-2233-3310

商品化に向けてパートナー様を募集しております。
お気軽にご連絡ください。
※日中のお電話は繋がりにくい状況ですので、お手数ですがなるべくお問い合わせフォームよりご連絡いただきます様お願いいたします。

メールはこちら

お知らせ

2018/02/02
ホームページを公開いたしました。
皆様にご満足をいただけるようサービスの提供に取り組んで参ります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。